July 2018





2018.7.17(tue)
Terrarium

2018.7.18(wed)
水曜ロマンポルノpresents
Crazy Female Parade

2018.7.19(thu)
POCCOLI #52

2018.7.20(fri)
ANOTHER DIMENSION

2018.7.21(sat)
outrecord 17th anniversary
OUTMUZIK

2018.7.22(sun)
POCCOLI presents
STRAY DOGG

2018.7.23(mon)
TBA

MADE DAY MAIDER
MIKUMARI×OWL BEATS "FINE  MOLT NO.7”
NERO IMAI "RETURN OF ACID KING" RELEASE PARTY
2018.3.23(fri) 22:00


RELEASE LIVE: MIKUMARI&OWL BEATS,NERO IMAI
CAST: Campanella, C.O.S.A., TOSHI MAMUSHI, ATOS ONE, Ramza, DJ TETSU, SHOBBIECONZ, NUTS MAN, DJ RISE, KURO

HIPHOP
ADV. 2500YEN, DOOR 3000YEN (入場時に別途500YEN/1DRINK)



  



▶︎ MIKUMARI

既にO.G。メジャーリーグ入団後ネクストバッターサークルから逃亡。その後アルコール、薬物依存症に罹る。その時路上で独り言を大きな声で呟いていたら、RAPに変わる。そのセンスの良さが評判を呼びRCSLUMに加入。太る。その後『FROM TOP OF THE BOTTOM』を発表、パンチラインを封印し殺し文句を産み出す。体重増加に伴い息切れがなくなる。故にスムースなライミングを体得する。酒と麻薬でいい感じに焼けた喉はいい声を吐き出す。さらに太る。太る友達のOWLBEATSと『URA BOTTOM』を発表。すごいスピードで売りきる。発売前に完売。奇跡。原付を貰いOWLBEATSと二人乗りをしたところパンクする。その後盗まれる。新しい原付の資金を獲得するため、僕は音に乗ると言い出す。皆んな納得する。紆余曲折を経て今年10月2NDアルバム『FINE MALT No.7』を発表する ORIGINAL RC。




▶︎ OWL BEATS

鹿児島ー奄美大島出身、南の男。狂気的で南国的であり、不良でヲタクな雰囲気を感じる音を好み、その存在感を現場でのPlayや作り出すBeatで聞かせるDJ、BEAT MAKER、PRODUCER。2012年、First album『? LIFE』を全国に発信した後、Remix album、Beat album、DJ mix、Live dvd、beat提供など、様々な作品を様々な形で世に放つと同時に地元鹿児島で定期的にイベントを企画し各都市にいる音の猛者を収集し音で会話を楽しみ評価を得て進化を続けている。2015年にOTAI RECORD主催の名古屋で行われたビートメーカーのバトルイベント【BEAT GRAND PRIX 2015】で勝ち抜き初代王者となる。話題と進化と自他の解放を求め続ける南国音人間。




▶︎ NERO IMAI

15歳、aikoに憧れ曲作りを始める。本当の愛をフミヤに習い探し求める。
しかし裏切られ続けT-bolanにのめり込み、liveに足繁く通うようになり、
ICEAGEと化す。
そのことがT-bolanのバンマスの目に留まりカスタネットでバンドへの誘いを受けたが
aikoへの愛を断ち切れずその申し出を断る。同時にダルクにぶち込まれる。
ダルク出所後、同時期同施設の教員をしていたCAMPANELLAの勧めによりRCSLUMへ加入。
自分の人間的欠陥を欠陥だらけのATOSONE、MIKUMARIに指摘される。加入30分でもう嫌になり脱退を試みるも碇シンジ並みに逃げちゃダメだ!と思い、小牧へ向かうハイウェイから引き返す。その後様々なお叱りを受けるが音楽をやめる理由にはならなかった。空から赤い星が落ちた夜
磯野家のふねさんに「人生とは回り道よ。」と諭されて、しぶしぶFULL ALBUM
RETURN OF ACID KINGを2017年11月29日にRCSLUMより全世界へ手放す。